フィリピン概要
line
phil-img-img00

★東京から4時間少し、日本から一番近い東南アジアの国。

phil-img-img01
首都 マニラ(首都圏人口約1,254万人)
面積 299,404平方キロメートル(日本の約8割)。
7,109の島々がある。
人口 約1億69万人
(2015年推定値、フィリピン国勢調査)
宗教 ASEAN唯一のキリスト教国。
国民の83%がカトリック、
その他のキリスト教が10%。
イスラム教は5%
(ミンダナオではイスラム教徒が人口の2割以上)。
出典:外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/philippines/

★世界3番目の英語圏なのでコミュニケーションが容易です。

アメリカ・イギリスに次いで世界で3番目に英語を話せる人口が多い。
母国語(タガログ語)の母音が日本語と同じく5音で構成される為、日本人の発音との親和性が高い。
日本人の中学生レベルの英語でもコミュニケーションが取れる。
同じアジア人である為、白人に比して心理的圧迫やコンプレックスを感じにくい。
phil-img-img02
phil-img-img03

★年間の平均最高気温は約29度とハワイよりも低く、シニア世代には生活がし易い気候です。

寒暖の差が少なく多湿で過ごし易いのが特徴です。一年を通して年平均気温は29度、大まかに乾季と雨季に分かれる熱帯モンスーン気候です。地域差がありますが、乾季(11月〜5月)は雨が少なく、3月〜5月は最も暖かい時期となり、11月~2月は湿度も低く比較的過ごし易くなります。雨季(6月〜10月)は日本の梅雨ほど毎日降り続くことは無く、夕方などに一時的なスコールがある程度です。都心部は雨が降ることで気温が下がり過ごし易くなります。

●多くの日本人が移住

1年を通じて南国のフィリピンは、移住先としての人気も高まっています。日系の企業が数多くフィリピンに進出していることや、日本で生活を送るフィリピン人も多いことから、首都のマニラやリゾート地として高い人気を誇るセブでは、簡単な日本語が通じることも有ります。 日系企業が多い首都のマニラでは、日本から赴任している駐在員の子供も多く、日本人学校が設けられています。日本人からも人気の高いセブは、東南アジアでも有数のリゾート地で、約340万人が生活をしています。
phil-img-img04

index-ttl-subtitle03

index-ttl-subtitle04

ICON APECO特別永住権プログラムとは
ICON APECOについて
ICON 各国長期滞在ビザの比較
ICON APRV取得のメリット
ICON 付帯リゾート会員権について
ICON オーロラ州について

index-ttl-subtitle04

ICON オススメする12の理由

index-ttl-subtitle04

ICON 取得者の声
ICON Q&A
ICON 取得の流れ
ICON お申し込み・資料請求・お問い合わせ

index-ttl-subtitle04

ICON フィリピン概要
ICON フィリピンでの生活

index-ttl-subtitle04

ICON 当サイトについて
ICON 運営者情報
フィリピン・オーロラ州、APECO(アペコ)特別永住権プログラム。
プログラムに参加することで永住権取得+年間最大60日の
無料宿泊可能なリゾート会員権付帯。
ハロハロは日本唯一のAPECO(アペコ)公式代理店です。
APRV : The APECO Permanent Resident VISA
LINK
common-img-footerlogo
11F Tower 1, The Enterprise Center, 6766 Ayala Ave. Makati 1220, Philippines
Phone +63-2-810-1500
Copyright ©2017 Hallohallo Inc. All Rights Reserved
表示切替
common-ttl-PClink01
PC
common-img-line01
スマートフォン